|商品検索

|商品カテゴリー
KATO
TOMIX
MICRO ACE
MODEMO
その他Nゲージ
その他HOゲージ
Zゲージ
鉄道模型 その他
木製建築物・帆船キット

|カート
カートの中を見る

|フリーページ
店舗案内
サイトマップ
店舗移転のお知らせ
配送料の値上げのお詫びとお知らせ

|おすすめ商品
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【TOMIX】 2655 限定品 北三陸鉄道36形(お座敷車両II)
  • 【KATO】 2016-7 D51 498




  • RSS
    ATOM
    TOP > KATO > 蒸気機関車 > 【KATO】 2016-2 D51 498 オリエントエクスプレス’88

    |【KATO】 2016-2 D51 498 オリエントエクスプレス’88



    D51 498号機は、昭和15年(1940)に製造され、本州各地で活躍し、昭和47年(1972)に廃車となって上越線後閑駅前で保存されていましたが、その16年後の昭和63年(1988)11月にJR東日本の手で動態復活を遂げ、全盛期さながらに活躍を再開しました。 その復活最初の牽引列車が、当時来日中だった話題の「オリエントエクスプレス’88」。その国内最終の列車を、出発の上野駅から大宮駅まで本務機のEF58 61号機の前に立ち、重連で牽引したのです。
    KATOは、その復活運転最初の姿を当時の雄姿ままに再現し、皆様にお届けいたします。



    【主な特徴】
    ● 498号機は、昭和63年(1988)に動態保存機として復活し、当時来日していた「オリエントエクスプレス'88」のラストランを牽引したのは記憶に新しいところです。今回は、ヘッドマーク装備や、豪華列車牽引に相応しい装飾を再現して「オリエントエクスプレス'88」のラストランを牽引した当時の姿も合わせて再現いたします。
    ● 新動力機構採用によるパワフルかつスムースな走行をお楽しみください。
    ● D51 498 オリエントエクスプレス'88
    ・既存の498号機とは違った「オリエントエクスプレス」牽引時の、華やかな姿を余すところ無く再現
    ・スノープロウやキャブ後方の散水管非装備、ロッドに差された赤やテンダー側面の装飾などの違いを再現
    ・形式名入の大形ナンバープレートを装着、「オリエントエクスプレス」ヘッドマークは装備状態で製品化
    ・テンダー側はアーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属。前面には排障器装備、重連非対応
    ・動輪は銀車輪、先輪・従輪・テンダー車輪は黒染車輪で再現。復活当時の雰囲気を醸し出します
    ・最小通過半径:R249
    ● 立体感あふれる台枠と実感的な黒色仕上げの動輪と車輪、そして細密かつ頑丈なロッド類により、蒸気機関車のダイナミックな走行装置を外観、走行ともに忠実に再現。
    ● 機関部とテンダーとの間隔の狭さや高低差など、全体のバランスを考慮し、D51の雰囲気を大切にしたプロポーションを実現。
    ● 運転室は動力の小形化により、運転士人形を乗せることができ、バックプレートや運転席も再現。
    ● 実車同様ボイラーと台枠間の隙間や、穴の開いたボックス動輪の輪芯を表現。
    ● シリンダー尻棒、キャブ下台枠、ランボードの網目模様など細部もリアルに再現。
    ● フライホイールを搭載した動力は、機関部はもちろん、テンダー全軸からの集電も実現し、安定した走行を発揮
    ● 498号機のナンバープレートは取付済
    ● 単品
    ● ヘッドライト点灯
    ● 付属部品(D51 498) ・テンダー用ナックルカプラー、先頭用重連カプラー、ヘッドマーク
    ● 付属部品(D51 498 オリエントエクスプレス’88) ・テンダー用ナックルカプラー
    ● D51 498(既存)
    ・平成20年(2008)頃の高崎車両センター所属D51 498号機をプロトタイプにファインスケールモデルとして製品化
    ・498号機の標準的仕様である、標準デフ、スノープロウ、黒ナンバープレート、前照灯(ツララ切りなし)の形態を製品化。
    ・ヘッドマークは付属部品で設定、「SLみなかみ」「SL奥利根」を選択可能








    型番 【KATO】 2016-2
    定価 13,500円(本体12,500円、税1,000円)
    販売価格 10,098円(本体9,350円、税748円)
    購入数




    この商品について問い合わせる
    この商品を友達に教える
    買い物を続ける