|商品検索

|商品カテゴリー
KATO
TOMIX
MICRO ACE
MODEMO
その他Nゲージ
その他HOゲージ
Zゲージ
鉄道模型 その他
木製建築物・帆船キット

|カート
カートの中を見る

|フリーページ
店舗案内
サイトマップ
店舗移転のお知らせ
配送料の値上げのお詫びとお知らせ

|おすすめ商品
  • 【TOMIX】 2654 北三陸鉄道 36形(一般車両) 限定品
  • 【TOMIX】 2655 限定品 北三陸鉄道36形(お座敷車両II)
  • 【KATO】 2016-7 D51 498




  • RSS
    ATOM
    TOP > KATO > 車両セット > 【KATO】 10-1237 583系 6両基本セット

    |【KATO】 10-1237 583系 6両基本セット



    昭和42年(1967)に登場した世界初の寝台/座席両用という特急形交直流電車581系は、翌昭和43年(1968)には、東北本線の複線化と電化工事の完成によって、新たに東日本地域の交流50Hzに対応した、50/60Hz両用の583系として改良が加えられて登場しました。昼行特急は「はつかり」、夜行寝台特急は「はくつる」「ゆうづる」として、上野-青森間で活躍を始めました。
    現在、JR東日本の秋田車両センターに残り、団体列車等で活躍中の現存6両編成も再現できるセット構成となっていますので、国鉄時代からJRまで幅広い世代にお楽しみいただけます。
    KATOは、昨年発売ましたレジェンドコレクション581系に続き、決定版とも呼べる583系寝台特急電車を、昭和53年(1978)10月ダイヤ改正当時の、東北・関西での様々な編成が再現できるラインナップで製品化いたします。


    【特徴】
    ● 人気の583系特急形交直流電車を、新たに新規金型にて製品化。全盛期の列車編成をお手元に。
    ● 昭和50年代中頃の華やかりし国鉄時代。列車名も多彩な「はつかり」「ゆうづる」「雷鳥」「明星」などが再現可能。
    ● 車内の座席は夜行寝台の状態を再現。中段寝台パーツを取り外すことにより、昼行の座席状態も再現が可能。
    ● 新登場のクハネ583、モハネ582は窓配置、屋根ベンチレータの配列など、581系とは異なる姿を新規金型で忠実に再現。
    ● 先頭車クハネ583は、寒冷地向けのタイフォンカバーなどの特徴を再現。先頭部のダミーカプラーは、連結器カバーを取り付けた状態のもので設定。
    ● 屋根上クーラーは別パーツ化。押込形ベンチレータは直線配置となり、581系とは違う雰囲気の屋根上を再現。
    ● 581系とは異なる、埋め込まれた形の扉脇手スリも忠実に再現。
    ● 先頭車前面にはトレインマーク変換装置を装備。「はつかり」「はくつる」「明星」「雷鳥」(イラストタイプ)を選定。別売で、583系・581系に対応するトレインマーク変換装置のセット(文字とイラストの2種)を同時に発売。
    ● 側面方向幕、号車番号は付属シール対応。側面種別サボは「特急」が印刷済。★★の寝台マークも印刷済。
    ● 車端のトイレ部分床下には「循環式汚物処理装置」を再現。トイレ部の床下を新規に設定。
    ● 連結器は、中間部にボディーマウント式KATOカプラー伸縮密連形を標準装備。実感的な連結部を再現。
    ● 動力は定評あるフライホイール付動力ユニットを搭載。13両フル編成でのパワフルな走行を実現。
    ● パッケージは、基本セットがブックケース(6両タイプ)。3両・2両増結セットはいずれも発泡中敷で化粧紙箱入。
    ● 581系/583系用のトレインマーク変換装置
    ・先頭車クハネ581/583の特急ヘッドマークを、昭和53年(1978)10月ダイヤ改正から採用されたイラストマークと、それ以前の文字表記で再現す。東北・関西での様々な編成が再現できるラインナップを再現可能です。
    ・#11-326 文字タイプ・・・「みどり」「明星」「彗星」「有明」、「しらさぎ」「ひばり」「急行」「臨時」、「はつかり」「はくつる」「ゆうづる」「みちのく」
    ・#11-327 イラストタイプ・・・「金星」「明星」「なは」「彗星」、「有明」「にちりん」「雷鳥」「きたぐに」、「はつかり」「はくつる」「ゆうづる」「みちのく」
    ・パッケージは、ブリスターパック。







    型番 【KATO】 10-1237
    定価 20,736円(本体19,200円、税1,536円)
    販売価格 17,626円(本体16,320円、税1,306円)
    購入数




    この商品について問い合わせる
    この商品を友達に教える
    買い物を続ける